おすすめの育毛剤を使ってみよう|ヘアケアをしてフサフサ頭皮

メンズ

自分の毛で薄毛解消

医療

安全で自然な仕上がり

植毛といえばカツラなどと並んでかなり以前からある薄毛の悩みを解消する方法の1つですが、普及の度合いはそれほど高くはありませんでした。その理由としては、かつては樹脂などでできた人工毛を主に使っていたことが挙げられます。人工毛は自毛に比べると光沢や質感などに違和感があり、どうしても仕上がりが不自然になります。加えて、人造物を身体に埋め込むため拒否反応が起きるリスクもありました。しかし今やこうした課題は解消されつつあります。というのも現在では人工毛ではなく自分の毛を使う自毛植毛が主流になってきているからです。自毛植毛は安全性や審美性の面で人工毛よりも高いメリットがあり、植毛を扱うクリニックの中には自毛植毛しか実施しない、というクリニックも出てきています。

傷が残らない最新技術も

自毛植毛は頭髪の薄い部分に他の部分から採取した自分の毛を移植する技術です。たいていの場合は側頭部や後頭部の毛を使って頭頂部や前額部の薄毛を解消するという手順になります。というのも側頭部や後頭部の毛は男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの影響を受けにくい性質を持っているため、頭のてっぺんが薄くなったり額の生え際が後退した人であっても相当量の毛が残っているからです。植毛専門クリニックでは、グラフトと呼ばれる株単位で毛を採取し、移植に使います。最新技術を導入しているクリニックでは、パンチの要領でグラフトを丸くくり抜くように採取していきます。ですから自毛植毛に関して抱きがちである「傷跡が大きく残るのではないか」という不安は、最新の施術においてはほとんど解消されています。